ポケモンGO攻略・考察

ポケモンGO plusの判明している仕様まとめ

更新日:

こんにちは、久々のましゅーです。

サイトをJUGEMブログからWordpressへの移行を検討中で、更新がおろそかになってしまっています、すいません。。。

正直なところJUGEMブログが少し使いにくいのと、デザインをいろいろと融通をきかせたいのが理由なんですが、いかんせんJUGEM前提で記事を作っているので過去記事の修正が少し手間かなと…でもおそらく近いうちに移行すると思います。

ポケモンGOもパズドラもゆるーくプレイ中ですが、話題のポケモンGO Plusが少し気になったので調べたことをまとめておこうと思います。

ポケモンGO Plusのことをよく知らない方、購入を検討中の方、通販で購入して届くまで楽しみに待っている方の参考になれば幸いです。

※新しく分かったことがあれば随時追記していきます。

現在判明している仕様まとめ

口コミやレビューなどから現在判明している仕様をまとめてみました。

本体価格・販売店舗など

公式価格は3,500円(税込み3,780円)

各地のポケモンセンター、ポケモンストア、ポケモンEXPOジムで店頭販売。

通販ではポケモンセンターオンライン(公式通販)とAmazonで販売。

いずれも一人一台のようです。

家電量販店やおもちゃ屋、楽天などでは今のところ取り扱いがないので注意。

ポケモンセンターは札幌、仙台、池袋、スカイツリータウン、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、広島、福岡の11店舗。

ポケモンストアは新千歳空港、東京駅、成田空港、御殿場、中部国際空港、イオンモール常盤店、関西空港、アミュプラザおおいた店、アミュプラザ鹿児島店、沖縄国際通り、アウトレット小矢部店の11店舗。

詳細は公式サイト

■店頭販売

9月16日、17日の二日間で初回出荷分を販売。その後余れば18日から通常販売とのことですが、現状を見ると余らないと思われます。2回目以降の出荷時期や数量は未定。

■16日の店舗状況

平日(金曜日)でしたが夜中から並ぶ人が多く池袋サンシャインでは午前2時頃には既に100人ほど、最終的には1000人超えの勢いだったそうです。店舗により違うようですが、ほとんどの店舗は午前10時オープンにも関わらず、午前6時~8時ぐらいまでの間に列の前から整理券配布&手にブラックライトで光るスタンプ押印(2度買い対策)されたようです。

17日は休日(土曜日)ということ、16日は iPhone7 や Apple watch の発売日でもあったので分散されて少しは軽減されていた可能性、などを考慮すると16日を大幅に上回るかなりの混雑が予想されます。

■ポケモンセンターオンライン(公式通販)

本来、購入金額5,000円以上でなければ送料がかかるがポケモンGO Plusは送料無料の模様。特典はクリアステッカー。サーバーが弱いため開始からアクセスエラー。少しずつ軽減され午前11時頃完売。現在品切れ

■Amazon

Amazonはもちろん送料無料。開始直後からサーバー混雑もなく購入可能でした。特典はスマートフォン用壁紙。完売時間は不明ですが公式通販が完売した午前11時には既に売り切れていたようです。現在品切れ

ポケモンGOがバックグラウンドで動作中でもプレイ可

・iPhone・Android共にスリープ状態でも移動距離が反映されます。

・完全バックグラウンドでもプレイできるので他アプリとの併用可。

・バッテリーセーバーONでのポケモンGOのみプレイ時と比べて、体感でバッテリーの消費が1/2~1/3程度に軽減。

スマホ画面を見なくても音と振動で知らせてくれる

現在判明しているポケモンGO Plusのお知らせ機能の動作です。

意味 振動 ランプ
ポケストップ範囲内 短・長 青点滅
ポケストップでアイテム入手 短×入手個数 虹色(赤色だと失敗)
手持ちアイテムいっぱい
野生ポケモン遭遇 長・長 緑点滅
ポケモン捕獲成功 短・短・短 白点滅3回ののち虹色
ポケモン捕獲失敗 短×3までに2連続振動

振動が少し分かりづらいですが、【短・長】だとブッブー、【長・長】だとブーブーのような感じ

タマゴ孵化・相棒のアメの距離も反映される

これがメイン機能といっても過言ではないでしょう。

スマホを見ずにポケストップでアイテムが貰える

・ポケストップ近くにいるとポケモンGO Plusが振動と点滅で知らせてくれます。

・ボタンを押すとアイテムが貰えます。

・同じ箇所に留まっていても、5分後にポケストップが再入手可能になれば再度知らせてくれます。

・電車など、速度が極端に早いと反応しない or 反応時には既に通り過ぎていて入手失敗となります(赤ランプ)。

スマホを見ずにポケモンが捕獲できる

・近くに野生ポケモンが現れるとポケモンGO Plusが振動と点滅で知らせてくれます。

・ボタンを押すとモンスターボールを投げ、ランプの状態と振動パターンで捕獲成功か失敗か分かるようになっています。

・失敗した場合は即逃走となるので、スマホプレイ時のように捕まるまで何度もボール投げるということは不可。

投げるボールはモンスターボール限定。モンボが切れるとスーパーボールやハイパーボールをいくつ持っていようが「モンスターボールがありません」となり捕まえられない。(→即逃走)

・通常スローのみで、カーブスロー・ナイススローなどはありません。

・ボタンを押すごとにアクションがぽんぽんと進むので、スマホ操作よりもテンポはいい。

・野生ポケモン遭遇の通知が来て、ボタンを押さずにスマホ画面を開くと周囲に遭遇したポケモンがいて通常通りタッチで捕獲画面にて操作ができるので、レアポケモンや高CPポケモンが出現したときのことを考えると捕獲は出来るだけ手動のほうがいいかもしれません。

・「おこう」で引き寄せられたポケモンには反応しないようです。

プレイ時の記録は「ぼうけんノート」

・スマホがスリープ状態の間にポケモンGO Plusを使って行ったことは、「ぼうけんノート」で確認できます。

・出会った野生ポケモンの種類、捕獲の成功・失敗、ポケストップで入手したアイテムと個数などが確認できます。

・スマホの通知などでもアクション履歴が確認できます。

その他

・保証書はなく、修理や交換はしてもらえないようです。

・店頭購入の場合は、初期不良であれば2週間以内なら対応してくれるという案内の紙が貰えるようです。

・スマホとの接続は Bluetooth Low Energy が使われます。

・振動は結構強い。(電車の中だと少し気になるかも程度)

・付け方は腕時計式のベルト、クリップ、それとクリップ上部にストラップホールのような穴があります。

・ベルトとクリップの切り替えは要ドライバー。

・クリップ時のホールドは結構弱い。

・電池はボタン電池のCR2032。(最初1個付属・絶縁テープ)

 

対応機種

ポケモンGO Plusの動作が保証されている機種です。

【iPhone】

対応OSバージョン:iOS 8~10

対応端末:iPhone5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus/7/7 Plus

タブレット端末の動作は保証されていませんが、一部iPadでは使えたという報告がありました。

【Android】

対応OSバージョン:Android 4.4~6.0

対応端末:Android4.4以上、Bluetooth Smart(Bluetooth v4.0以上)に対応し、RAM2GB以上搭載の端末

詳細はポケモンGO Plusサポートサイト

記事本文下

スポンサードリンク

-ポケモンGO攻略・考察

Copyright© mush's room , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.